【悲恋】交通事故で意識不明の彼女にこっそり指輪をつけた。医者「○時○分、ご臨終です」その瞬間信じられない奇跡が…

今から6年前の話です。

僕がまだ10代で、あまり携帯電話は普及してなくてポケベル全盛期の時代のことです。

僕はその頃高校を出て働いていたんですけど2つ年上の女性と付き合っていました。

 

お互いの親にも会ったりして僕は結婚する事を信じて疑いませんでした。

毎朝ポケベルに「オハヨウ」とか「ガンバッテネ」

みたいなメッセージのやりとりをしていたのですが、

ある日僕がメッセージを送るのがめんどくさくて送らない日があって、

彼女からもメッセージは送られてきませんでした。

 

ちょうどその日は給料日で

僕は今日は彼女にメシでもおごろうと

どこに行こうか考えていました。

仕事が1段落つき、昼休みに入り

食事に行こうとした時に僕宛の電話がなりました。

 

その電話は彼女の交通事故を告げる電話でした。

僕はその電話を置いた後、

しばらく何のことかわからなかったんですが、

「今意識不明だ」という言葉に体中汗ばんだのを覚えています。

次のページへ>>