カテゴリー: おもしろ / 豆知識

【閲覧注意】一度入ると生きて帰れない危険な島9選!

2018-02-19 16:00:36

一度入ると生きて帰れない危険な島9選!


世の中には、社会から隔離された島が存在します。

その島は、無人島ももちろんですが、人が住んでいて調査に入ろうとしても威嚇されてしまい、手のつけようがない島も存在します。

また、現在では廃墟となり立ち入り禁止のエリアも多数存在しています。

それらの島の多くは政府によって立ち入り禁止とされています。

決して好奇心で近づく生きたまま帰れなくなる可能性があるので近づくのは辞めてくださいね!

今回は私たちの私生活とは遠くかけ離れた危険すぎる島に迫ってみたいと思います。

 

世界一幽霊が出る島ポヴェリア島





14世紀にペストが流行した際に感染した数千人もの人々を生死問わず隔離し、 大量の犠牲者の遺体を葬る為の忌まわしき場所。

この島では数世紀の間で実に16万人が死んだのではないかと言われており、 無念の死を遂げた数万の霊魂が彷徨っている幽霊島と見なされているそうです。

出土した大量の人骨が散らばっている。



1922年頃までには精神病棟も統合され、1968年の閉院まで身体的・精神的病の隔離施設として使われていた。

ところがこの精神病棟で悪いうわさが立ち始め、

  • 医者が自身の欲のために患者に人体実験を行った

  • 霊にとりつかれた患者が自殺をした

  • 医者が患者を拷問した


などの噂が飛び交いました。

 

この病院は1968年に閉鎖に追い込まれています。

科学者しか入れない実験のための島


科学者しか入れない実験のための島スルツェイ島



1963~67年に起きた海底火山の噴火によってできた、地球上で最も新しい島の一つ。

現在、スルツェイ島はごく少数の認可を受けた研究者だけが島への上陸を許されており、人類の影響を排し、生態系がどのように形成されるのか、その過程を記録するために自然保護区に指定されました。

 

※誕生時のスルツェイ島



島への人間の上陸は、スルツェイ島研究学会の許可を得た研究者以外は厳しく禁止されている。

学会はアイスランド環境・食品庁に代わり、島におけるすべての活動を監督しており、スルツェイ島の海域でのダイビングはもとより、その自然特性を阻害することや、一切の有機物や土、鉱物の島への持ち込み、廃棄物の投棄も認められていません。


次ページへ続きます


関連記事