【暴露】闇カジノに入店する裏ルートの実態を暴露!大物司会者Xにまでも捜査の手が伸びる日も近い!

プロ野球選手の野球賭博に始まり、今度はリオ五輪で金メダルが期待されていたバドミントン選手、清水アキラの息子、清水良太郎にまで賭博の関与が発覚。

しかし、なにも彼らが特別だったわけではない。

有名人たちが足繁く通うという裏カジノは、どうやって入ることができ、どんな場所なのか?

 

東京・渋谷の雑居ビル。

その地下1階にある裏カジノ『S』の経営者・斎藤純二氏(仮名)は、本誌記者の取材に意気揚々と答えた。

「うちのカジノでは、パチンコや競馬といった公のギャンブルでは考えられない額のカネが動く。最低の賭け金は1万円だが、客の懐事情によって200万円まで上がることもある。

これだけのカネがかかると、勝った瞬間の高揚感ったらない。

バカラは1勝負せいぜい1分。負けてどん底まで落ち込み、勝って天まで上る快感が短時間で何度も押し寄せる。激しく感情を動かされるほど、人はのめり込んでいく」

彼の言うように高揚感にハマってしまったのが、バドミントン日本男子のエースでリオデジャネイロ五輪への出場が有力視されていた桃田賢斗(21)と2012年のロンドン五輪代表の田児賢一(26)だった。

次ページへ続きます

関連記事