盲目の男性の歩行を邪魔する高校生。イライラしながら見てたらようやく高校生の真意が分かった。

 

…思い返すと自分の行動にイライラするけど。

仕事帰りの夕方。駅に向かう途中。

盲目らしい男性が白い杖で

点字ブロックを辿りながら勢いよく歩いていた。

 

俺は見えてないのに確りした足取りで

凄いなとか思いながら眺めてた。

 

そして、少し行ったところの信号。

この時は赤になったばかりだった。

 

この信号は音が鳴る仕様。点字ブロックも続いている。

そこで急に男性の前に割り込んだ高校生らしい男子。

当然、ぶつかる。

男性が軽く謝罪し、男子もボソリと謝罪はしたようだった。

 

しかし、俺はイラっとした。

急に出てきて点字ブロックを塞ぐなよって。

 

でも、男子の前を見てみると母親と小さな子供がいた。

 

次ページへ続きます

関連記事