【大転落】裕福な家庭だと思っていたのに…。父が他界後、通帳残高を見ると!!→更に突然、″謎の男″が7人訪ねて来て壮絶な修羅場に…

裕福な家庭だと思っていたのに…。父が他界後、通帳残高を見ると!!→更に突然、″謎の男″が7人訪ねて来て壮絶な修羅場に…

 

当時、私はエスカレーターで大学まで行ける学校の生徒だった。

 

父は、仕事は自営の資格商売をしていて、

趣味人だということは知っていた。

 

 

収入は結構あったようだ。

 

子供の頃、不自由をした記憶はない。

 

 

朝早くに出勤する父は、夜は早めに帰宅し、

夕食は必ず私と母と3人で採っていた。

それは、母との約束だったらしい。

 

 

親子の団欒と言えば夕食だけで、

父は土日もろくに家にいることはなく、

家にいる時は書斎に篭ってなにやらしていた。

 

その筋では有名なマニアというか、

市井の研究者だったらしい。

 

時々、父の友人という人達が訪れて酒盛りをしていた。

よく、私と母に手土産と言って、

珍しい菓子や珍味をくれたのも覚えている。

 

そんな父が事故死したのは、私が高校の時だった。

突然のことで、三七日くらいまでは、母も私も茫然としていた。

 

それから家の中を整理していた母が、

ある日、私に真面目に切り出した。

 

次ページへ続きます

関連記事