【消されるかも…】西山茉希、“奴隷契約”を暴露し、バーニング社長を激怒させ絶体絶命!?→事務所移籍のキナ臭い舞台裏というのが…

西山茉希、“奴隷契約”を暴露し、バーニング社長を激怒させ絶体絶命!?→事務所移籍のキナ臭い舞台裏というのが…

 

所属事務所社長による“奴隷契約”を、一部週刊誌の取材に応じる形で“暴露”した西山茉希が、バーニングプロダクション傘下の「Grick」に移籍したことを明かした。

 

芸能界で相次ぐ移籍トラブルを、うまく乗り越えたかのように見えるが、「水面下では“芸能界のドン”が激怒する、一大トラブルに巻き込まれていた」(広告代理店関係者)という。

 

西山は6月発売の「女性自身」(光文社)で、事務所からギャラが数カ月も支払われていないこと、また事務所としての機能も停止した状態で、仕事をしたくてもできない現状を告白。

 

その後、しばらく近況は聞こえてこなかったが、9月6日付のブログで「今後はGrick株式会社に所属となります」と報告した。

 

「同社は“芸能界のドン”ことバーニングプロダクション・周防郁雄社長の義理の息子が代表を務めており、西山は、まさに“バーニングの息がかかった事務所”へ移籍となりました。

そもそも、確執が伝えられている前事務所・I社長も、元々はフロム・ファーストプロダクションというバーニング系事務所の出身だけに、今回のトラブルは“身内での揉め事”以外の何物でもありません」(芸能プロマネジャー)

 

しかし、移籍は円満には進まなかったようで…

 

事の発端となる「自身」での暴露に関しては、“出版界のドン”とされる人物が、陰で糸を引いていたというのだ!!

 

次ページへ続きます

関連記事