【日本政府が公開できない事実】戦後70年以上、精神障害で入院してきた日本兵たちとは!?→日本軍の残虐行為を残さないため、もみ消された●●というのが…

戦後70年以上、精神障害で入院してきた日本兵たちとは!?→日本軍の残虐行為を残さないため、もみ消された●●というのが…

「未復員」のまま一生を終えた人たちがいた。

 

戦争で心を病み、70年以上が経っても入院したままの日本兵たちがいる。

 

1941年12月8日、日本軍が真珠湾を奇襲攻撃し、太平洋戦争が開戦。

 

絶望的な戦場に投入されて亡くなった日本軍兵士は、200万人以上

 

生き残った人たちも、身体や心に大きな傷を受けて帰国した。

 

真珠湾攻撃のために飛び立つ飛行機を空母から見送る日本兵たち(1941年)

 

 

兵士を苦しめた精神疾患

 

いまで言うPTSD(心的外傷後ストレス障害)に悩まされた元兵士も多かった。

 

なかでも、病院暮らしを余儀なくされ、社会復帰できないままになってしまった人たちの存在は、あまり知られていない。

 

いまだに入院中の人だっているにもかかわらず、だ。

 

 

精神疾患などで入院した元兵員、

8千人分のカルテを分析した埼玉大名誉教授の清水寛さんはこう語る。

 

「戦地の加害経験などによって精神を病んだ人たちは、『戦争神経症』と呼ばれました」

 

清水さんによると、敗戦直後までに入退院した日本陸軍の兵士は約2万9200人。

 

その半分にあたる約1万450人が、さまざまな精神疾患に苦しんだ。

 

軍部は、国府台陸軍病院(千葉県)を中心にその対応に当たった。

 

1940〜45年にかけては、いまの東京都小平市など3カ所に療養所が設置されている。

 

それほど、兵士たちの精神疾患は重大な問題だったのだ。

 

そして、『ある記憶』が兵士たちを苦しめたという…

 

次ページへ続きます

関連記事