【偽セレブだった!?】借金6500万を背負い続けたマリエの状態がヤバいと話題に・・・

2005年に“セレドル”として、芸能界デビューをしたセレブタレント・マリエ。

 

石油関連会社の社長を父に持ち、海外に何軒も自宅があり、

自家用ヘリやクルーザーなども所有しているセレブぶりと、自由奔放な性格、

そして毒舌が話題を呼びバラエティで活躍。

だが2011年、Twitterで東日本大震災について暴言を吐き、

芸能界から干された。

 

2011年3月、東日本大震災の時にTwitterで問題発言し謝罪。

 

2011年03月19日にTwitterで暴言を吐く(ツイートは削除済) 
くだらね、世の中チャリティ産業かょ!?
リアルにおもうのは、芸能人がどんなにおかねをつぎこむよりも、そのどんな金額よりも、実際にそこへいって、一人でもおおくのひとと写メをとってあげてがんばろうねっていってあげるほうが、何倍も価値がある。
こっちはいきたくったっていけなんだよ。 金だけだせばいいとおもいやがって。
いまや募金してない芸能人の方が避難されるしまつ。
こっちはいろんなところから募金です金くださいってれんらくがたえなくってこまってんだよ!
もー!だれもしんじらんない!みんなだいっきらい!2011年03月20日 反省コメントをツイート

そうかも、でもなんだかやるせなくてね。ごめん
そうだよね、なんかいろいろでかっとなってたかもごめんね。かんがえなおします。2011年03月27日 

ブログで謝罪。

 

その後、「ファッション留学のため」と米国に留学。

しかし帰国後、TVではローラ、トリンドル玲奈など新たなハーフタレントが進出しており、

マリエの需要はなくなっていた。

だがこのとき、

すでにマリエの身にはとんでもないことが起こっていた。

次ページへ続きます

関連記事