【新幹線ノーパン疑惑】今井絵理子議員「一線越えてない」って本当なの!?関係者の証言が想像レベルを超えていた・・・

それでも私はヤッてない!

 

「週刊新潮」で不倫が報じられた「SPEED」元メンバーの今井絵理子参院議員(33=自民党)と、

妻子持ちの橋本健神戸市議(37=同)が27日、それぞれ「軽率な行動でした」と謝罪した。

一方で「一線は越えていない」と疑惑はキッパリと否定。

 

 

新潮に掲載された濡れ髪&備え付けパジャマ姿の写真を見る限り今井氏は準備万端、永田町では“ノーパン疑惑”もささやかれているが…。

 

さらに別の疑惑についても、今井氏の説明とは異なる証言が飛び出した。

 

27日午後、今井氏は週刊新潮で報じられた不倫略奪疑惑について、声明を発表。

 

かいつまんで言えば「橋本氏に好意は持っているが、彼はまだ妻帯者。一線は越えていない」

 

つまり「ヤッてない」から、不倫でも略奪でもないという。

 

 

だが、同誌には7月14~16日の2人の親密な様子が詳細に記されており、

 

今井氏の別宅マンションや出張先のホテルで一夜を過ごしたとみられる写真も掲載された。

 

新幹線内での手つなぎ写真も2枚撮られてしまう・・・

うち1枚は今井氏を覆うブランケットの下に橋本氏の手が潜り込んでおり、

 

同誌は「何が行われているかは定かではない」と意味深に書いた。

 

 

 

今井絵理子のパジャマ姿が議員の間で話題沸騰

 

同誌によると、先に大阪のホテルにチェックインした今井氏は、

 

備え付けのパジャマに着替え、館内を闊歩。

 

入浴を済ませていたようで、髪は濡れ、その後橋本氏が部屋に合流したという。

 

次ページへ続きます

関連記事