【893涙目】ピザの注文を間違えた客「俺を誰だと思ってんだ!〇〇会のモンだぞ!」俺『俺〇〇会の会長の息子です・・・』客『・・・』 → 結果

ピザの注文を間違えた客「俺を誰だと思ってんだ!〇〇会のモンだぞ!」俺『俺〇〇会の会長の息子です・・・』客『・・・』 → 結果

高校時代に地元で某ピザ屋(A店としておく)でバイトしていたときのこと。

地元にはA店と他系列のピザ屋(B店としておく)の2つがある。

それである日の客からの電話
「お電話ありがとうございます〜A店でございますry」

 

「メニュー持ってないんだけど、今CMでやってるの欲しいんだけど〜ry」

 

「ただいま当店のCMで扱っているものは、
これこれこういうものですが〜ry」(←CMの商品の説明)

 

「ああ、それそれw、それちょうだい」

 

「かしこまりました〜ありがとうございます」

 

会話の細かい部分は省いたが、大筋としてはこんな流れ。

 

 

CMに限らず、商品の説明を求める客は時々いたので
特に気にすることなく注文を受けた。

 

 

それからしばらくして(その客に商品が届いて以降)

店長から、「○○さんってお客様の対応した人いる〜?」

と呼びかけられたので、俺が対応した。

次ページへ続きます

関連記事