万引きした爺さんが盗った物を机に出したら、一同絶句・・・。上司「お爺さん、貴方に3万円を渡す」

昔、10年も前かな、スーパーの事務職で働いてた。

 

年末年始は高額商品が増えるので万引きチェック体制が厳しくなる。

 

 

必然的に、普段なら見つからない万引きも見つかったりする。

 

(逆に人が多いので成功する場合もあるらしい)

 

 

30日か31日だったか、

 

万引きGメンのおっちゃんから内線連絡があり、

 

万引きを一人確保したから

 

事務所まで連れていくとのこと。

 

 

その日はクソ高い刺身や肉や寿司を万引きしてたオバさんが確保されてたもんだから、

 

「あーまたオバはんかー」と思い込んでた。

 

 

 

でも、Gメンが連れてきたのは、おじいちゃん。

 

 

 

その時点で私含めた事務所の女性陣はちょっと同情的だった。

 

 

応接室は使えないし会議室はまだ店長と前述のオバちゃんが使ってる。

 

 

なので仕方なく、事務所内の簡易応接ソファセットで、

 

仕切りもないまま専務

 

(その日は出勤してて暇だった&店長はオバちゃん対応中、副店長や部長は売り場で忙しい)

 

が話を聞くことになった。

 

次ページへ続きます

関連記事