【ディズニーランドの闇】入園者79,643人/退園者79,331⇒300人以上が消えている驚愕の理由とは・・・

【ディズニーランドの闇】入園者79,643人/退園者79,331⇒300人以上が消えている驚愕の理由とは・・・

ディズニーランドの裏に潜む都市伝説

 

インターネット上には、数多くの噂が語られている…ディズニーの都市伝説。

今回、噂になった都市伝説をまとめて解説していこうと思う。

1.園内で万引きをしても捕まらない

2.子供が誘拐されそうになったがイメージダウン防止の為、表沙汰にならなかった

3.なぜ、ディズニーランドにはトイレに鏡がないのか

4.退園者が少なくなる理由

5.地下には会員制のカジノがある

6.スペースマウンテンの壁にはお札がびっしりと貼ってある

7.ホーンデットマンションには本物の幽霊がいる

8.園内にカラスがいない理由

9.ミッキーをに落として出禁になった学校がある

10.ミッキーの中の人の掟

 

 

1.園内で万引きをしても捕まらない

園内で万引きをした場合、キャストにその時点でマークされる。

 

園内を出たところで、

「夢の国はここで終わりですよ」と言われ、事務室へ連れてかれる。

その後の真相は、不明な模様…

2.子供が誘拐されそうになったがイメージダウン防止の為、表沙汰にならなかった

子供が誘拐されて、園内全体で探したがなかなか見つからなかった。

 

そこで園内の出口で、一人一人チェックすることにした。

 

そこで子供と全く同じ靴を履いていた子供が、男に連れられていたことが判明。

 

よく見てみると、髪が染められているが誘拐された子供だった…

 

男は臓器売買の為に、子供を誘拐しようとしていた。

 

男は捕まったが、報道はされなかったという…

誘拐された子供の親へは口止めの為、数百万円が支払われた。

 

3.なぜ、ディズニーランドにはトイレに鏡がないのか

ディズニーランドのトイレに鏡が無い理由、

それは、ゲストに現実の事を忘れてもらう為。

 

トイレに行く事は、非常に日常的な事である。

 

唯一、ディズニーランドの中で、

ゲストが現実に帰りそうになる瞬間と言っていい。

 

そしてトイレで一番現実に戻る時というのが

それは手を洗ったときに、

鏡で自分の顔を見てしまったときだと言う。

 

なので、ディズニー側は徹底的に、

ゲストに夢の国の非現実感を味わってもらうためにトイレに鏡を置かないのだ。

※ちなみに、鏡はトイレを出たところにあります。

退園者が少なくなる理由…続きは次のページにて!

 

次ページへ続きます

関連記事