【狂ってる!!】24歳の女性が医師の為に絵を描いた。医師がそれを見たとき、直ちに処置を施さなければならなかった。

スザンナ・カハランが体験したエピソードはまるでホラー映画のようですが、

実際に起こった話です。

 

 

24歳というまさに若い盛りだったスザンナは健康にも恵まれ、

 

最近新たに得たジャーナリストとしての職に没頭していましたが、

 

あるときふと自分の身体の何かがおかしいということに気づきます。 

 

 

はじめはベッドにシラミか何かがいるのかと考えましたが、

 

業者を呼んでも特に異常なものは見つかりませんでした。

 

 

次にスザンナは突然無気力状態を体験するようになり、

 

仕事にも行かなくなってしまいます。

 

 

彼女が抱える妄想はどんどんとひどくなり、

 

幻覚さえ見るようになってしまうのです。

 

 

この頃になると、

 

家族から見てもまるで別人のような見た目になってしまったそうです。

 

 

そして彼女はついに拘束され、病院に強制入院させられてしまいます。

 

 

次ページへ続きます

関連記事