孤独と不安のレッスンとは?「ひとり」を生きるための方法。

 

ひとりであることを認め合うことは

 

たくさんの人と繋ぐことだから

 

たくさんの人を繋ぐことは

 

とても悲しいことだから

 

朝日のような夕日をつれて

 

冬空の流星のように

 

ぼくは ひとり

 

 

この中のいくつかが、あなたを支える言葉にもなれば、私は嬉しく思います。

 

どうか、あなたを支える言葉を、たくさん見つけてください。

 

そして、声に出してください。

 

これで記事はおしまいです。

 

あなたが、「本物の孤独」と「前向きの不安」を友として、どうか、生きていけますように。

 

「本物の孤独」が深く、「前向きの不安」が強ければ強いほど、素敵に生きていけますように。

 

 

関連記事