滝沢カレンの複雑な家庭事情…母親と苗字が違う?父親と生き別れ?母子家庭や障害の噂を解明!

 

幼い頃の宮沢さゆりさんは、小さな頃からバレエに興味があったそうです。

しかし親がやらせてくれなかったので、

お小遣いをためて、親に内緒でこっそり近所のバレエスタジオに習いに行っていました。

 

あるとき、ボリショイバレエの「ロミオとジュリエット」を、お金をためてチケットを買って観に行かれた宮沢さゆりさん。

 

それに涙が出るくらい感動!

大人だけが生き生きと踊り、演技も素晴らしいこの舞台に「これがバレエなんだ!」と、ものすごいカルチャーショックを受けたといいます。

 

▼ボリショイバレエの「ロミオとジュリエット」

出典:abt.org

同時に、今習っているバレエは、なんだかやっていることが違うなと疑問に思うようになり、

そこで「ロシア語を勉強すればそういう秘密がわかるかな」と考え、子どもながらに独学でロシア語を始めたのだそうです。

 

ところが独学では壁にぶつかってしまい、

親に相談したところ、

「今バレエやってるみたいだけど、バレエをやめればロシア語を習わせてあげる」と言われてしまいます。

 

バレエを習っていることは、

ご両親にはうすうす気づかれていたようですね。

 

バレエかロシア語かを選択するとき、

宮沢さゆりさんは、ロシア語を勉強するほうを選ばれました。

 

当時はまだバレエ留学の門も開けていない時代…

唯一、語学留学だけはできたので、

それをめざして宮沢さゆりさんは高校を卒業後、親に内緒で働いて留学費用をためました。

 

そして「明日ちょっとソビエトに留学してくる」と言って留学したのだそうです!

凄まじい行動力ですよね(笑)

 

留学を終えて、日本に帰ってきてから初めての仕事が、幸運にもロシアのバレエの先生のレッスン通訳の仕事でした。

宮沢さゆりさんは二つ返事でOKされます。

そのロシア人の先生のレッスンは素晴らしく、

「この教え方をしているからああいう素晴らしい舞台ができるんだ!」と思ったそうです。

 

その頃、ちょうどカルチャースクールでロシア人の先生が教えるというので、さゆりさんは習いに行き始めました。

その先生に密着して「ロシアバレエレッスン」という本をつくりました。

 

▼ロシアバレエ レッスン(1)初級編第1学年

出典:アマゾン

この本をつくったことで、

ロシアで主流のバレエ教授法「ワガノワメソッド」についての知識を深め、

「こういう教えがなぜ日本でできないんだろう」と思うようになっていきました。

 

その思いが、バレエスタジオ開設へとつながっていったそうです。

 

現在はご自分のバレエ教室まで立ち上げ、

ロシア人のダンサーさんと一緒にロシアと日本のバレエの架け橋となる素晴らしい役割をなさっているようです。

 

▼こちらが現在経営されているバレイスタジオになります!

名前:Ballet Studio RYABINA(バレエスタジオ リビーナ)

住所:東京都港区北青山3-5-25 表参道ビル4F アートスペース 5F バレエスタジオ

(東京メトロ表参道駅A3出口すぐ)

TEL:03-3401-0629(5F事務所)、03-3401-2242(4Fアートスペース会場)

HP:Ballet Studio RYABINA

 

滝沢カレンの日本語が変な原因は障害?母親が激白した真相とは…

滝沢カレンさんはハーフなので、日本語が変だと思われてる人が多いと思います。

しかし滝沢カレンさんは日本生まれの日本育ちなんです。

なので普通の日本人と同じ条件なはずです。

 

それなのになぜ滝沢カレンさんの日本語は変なのでしょうか?

 

ネットでは滝沢カレンさんが、「ウェルニッケ失語」という障害と患っているという噂が流れています。

別名「感覚性失語」という病気です。

 

症状は、話し方はなめらかでも、言い間違いが目立ち支離滅裂語というもの。

果たして日本語が変な原因は、本当に障害なのでしょうか?

 

そこである番組で滝沢カレンさんの母親が語った、日本語が変になってしまった理由というのが…

原因は母親の○○が原因!?続きは次のページへ!

 

次ページへ続きます

関連記事