インスタ映え嫌いが急増中!インスタ映えの意味を勘違い?衝撃のマナー違反の画像とは?

 

インスタ映え嫌いが急増中!インスタ映えの意味を勘違い?衝撃のマナー違反の画像とは?

「インスタ映え」と聞くと、華やかで楽しそうなイメージですよね。

海外のセレブから芸能人、そして一般人までもが利用するインスタグラム上で投稿される写真の数々…

 

投稿を見ていて、羨ましいなぁ〜なんて思うこともあるかもしれません。

しかし、「インスタ映え」大好き女子たちが実は嫌われているってご存知ですか?

 

そもそも「インスタ映え」とはどんなものなのでしょうか?

まずはその意味について解説していきましょう!

インスタ映えの意味とは?

インスタとは、無料の写真共有アプリInstagram(インスタグラム)のことです。

 

初版がリリースされたのは2010年。

それまでSNSといえば、Facebookやtwitter、mixiなんかが主流でした。

 

しかし文章がメインだったこれらのSNSと違いインスタは写真投稿がメインでその手軽さが売り!

投稿する側だけでなく、閲覧する側も見るのが楽ですからね!

 

現在インスタは、多くの海外セレブにも愛されているSNS。

オシャレで素敵な写真の数々は世界中を魅了しています。

 

これがヒットのきっかけとなり、

今では一般の人々にも人気のSNSとなりました。

ちなみによく耳にするインスタグラマーとは?

写真共有サービスのインスタグラム利用者のうち、多数のフォロワーがいて大きな影響力をもつ人たちのこと。

 

また、インスタは投稿に#(ハッシュタグ)を付けることで、簡単に写真を探すことができるという便利さもあります。

 

例えば、「#ハワイ」で検索すると、

ハワイの素敵な写真がたくさんヒットしてくるわけです!

 

そんな写真がメインとなるインスタでは、

1枚の写真を「いかに素敵にみせるか」が重要になってきます。

 

一応補足程度の文章やハッシュタグは添えられますが、やはり見た目のインパクトがものを言います。

 

そこで写真をインスタに投稿した時に、

「見栄えが良い、人の目を惹く」スポットやモノ…

それらが「インスタ映え」と表現されるようになったのです。

 

そんなインスタ映えですが、

一部の人たちには嫌がられている対象であるのも確かなようで…

 

もしかしたら、これを見ているあなたもその一人なのかもしれません。

または、自分が好きだとしても、周りに非難されてしまったか。

 

今回独自に調査したところ、

『インスタ映えが嫌い!』と思われてしまう理由は次のようなものだと判明しました。

インスタ映えが嫌いな理由は?

「キレイな写真をインスタに載せて何が悪い?写真をあげるのは個人の自由でしょ?」

インスタ愛好者からはそんな声が聞こえてきそうですが…

 

しかし、そうも言ってられないほど

一部のマナー違反が実は他人に迷惑をかけているようなのです。

 

しっかりとマナーを守って、

自分で楽しんでいる人には関係ない話かもしれません。

 

ただ、普段インスタで写真をアップしている人には一度耳を傾けて欲しい…

インスタ映えが嫌いな人の理由を聞くと、その気持ちも少しは分かるかもしれない。

 

それではインスタ映えが嫌いな人に理由を聞いてみましたの紹介しますね!

 

◆自己中でマナー違反

インスタ映えの被害者の1人目:都内に住む高校2年生の女子Yさん

彼女の高校の同級生で、

熱狂的なインスタ映えマニアいるといいます。

 

その同級生は、インスタのフォロワー命!いいね命!な女の子。

毎日気に入った写真が撮れるまで、

ひたすら何枚もパシャパシャ撮るんだそうです。

 

Yさんが何が許せないかって…

あなたならこの女性を許せる?続きはコチラ↓↓

 

次ページへ続きます

関連記事