キャバ嬢全盛期の時代!10代から水商売一筋の女の末路が悲惨だった…

キャバ嬢全盛期の時代!10代から水商売一筋の女の末路が悲惨だった…

かつて「女子高生のなりたい職業ランキング」

“キャバクラ”がランクインされていた時代があった。

 

最近ではランキングから外され、

今の若い子達からは「将来性がない」と思われているだろう。

 

2000年代後半は歌舞伎町でキャバクラブームだった。

その頃、キャバクラで大金を稼いだ女性はたくさんいると思います。

 

キャバクラ嬢がメディアで頻繁に取り上げられていた頃、働いていた彼女達は今何をしているのだろう。

今回は10代から水商売一本でやってきた女性の現在に迫ってみたいと思います。

 

35歳独身実家住まいの女性の現在

東京から100km以上離れた北関東に住むハルカさん(仮名)が、

水商売の世界に飛び込んだのは17歳の頃だったという。

 

「私が高校生の頃は

「egg」「popteen」などのギャル雑誌の全盛期でした。

高校中退も当たり前で、

その頃は身分証偽装でキャバクラに

面接に行くのが当たり前の時代でした。

 

私もその1人で、

学校をやめてすぐに

渋谷のギャル専門のキャバクラで働き始めました。

 

家から渋谷までは2時間掛かりましたが通い続けました。

 

仕事が終わったらお店の友達の家を渡り歩き、

ほとんど家には帰らない生活が続いてました。」

 

今ほど身分証の確認が緩かった時代なので、

ハルカさんのように年齢を偽って働く女の子が溢れかえってました。

 

渋谷で働いても同じ境遇の子達ばっかなので

孤独になることは無かったという。

 

「地元は北関東の田舎なので、

ギャルの格好をしてると浮いてしまいますが、

渋谷に出るとすぐに友達も出来ました。

 

ギャル友の家を泊まり歩いて、

実家にはほとんど帰らない生活を続けてました。

 

18歳になると、

地元の同級生が進学や就職で生活環境が変わっていきますが、

私の生活はほとんど変わりませんでした。

 

当時のキャバクラの時給は3000円前後で、

月給16万で高卒で就職するなんて信じられませんでした。

 

その後もキャバ嬢ブームに乗りバブルを味わう生活へ!

次ページへ続きます

関連記事