芸能界ママ友“5大派閥”が勃発!神田うのが派閥の最大ボスに君臨し続ける理由がエグすぎる…

芸能界ママ友“5大派閥”が勃発!神田うのが派閥の最大ボスに君臨し続ける理由がエグすぎる…

 

「ママ友の派閥争い」と聞くと男性はなかなか理解しがたい問題かもしれない…

 

男性も社内で多少なりとも派閥はあるかもしれませんが、プライベートにまで派閥を作るというのはあまり聞かないですよね。

 

しかし女性の場合、プライベートとはいえ、ママ友の関係も一つの社会なのでしょう。

 

そして、もしそれが女性芸能人同士(ママ友)の派閥だったら…恐ろしい戦場になることは言うまでもないですよね。

 

神田うのや大沢あかねに坂下千里子ら芸能界ママ友の派閥争い

 

有名タレントのオメデタのニュースが流れるたび、戦々恐々としているのが“ママタレ”たち。

 

芸能界で熾烈な“椅子取り”争いをしている彼女たちですが、そこには視聴者には見えづらい“派閥”が存在しているといいます。

 

「キャスティング担当者は、こうしたママタレの派閥には敏感です。

ママタレを仕込む際に派閥メンバーを理解していないと、共演者を聞かれて全てNGになってしまう場合もある。

最初にどちらのグループに話をしたかも影響してきます。

仲の悪い派閥同士でブッキングしようものなら、険悪な雰囲気が画面からにじみ出るのは確実です」(情報番組スタッフ)

 

それではどんな派閥が存在するのか?

事情通の業界関係者は、「現在は大きくわけて5つの派閥が存在します」と語ります。

 

それらは次の派閥です。

「坂下会」:坂下千里子の坂下会派閥

坂下千里子を中心として、山口もえ、MEGUMI、久保純子などが参加。

出典:アサジョ

「ママモ(ママモデルグループ)」:紗栄子のモデル派閥

紗栄子や東原亜希、レイザーラモンHGの嫁・住谷杏奈が参加。

「あかね組」:大沢あかねのバラエティー派閥

大沢あかねを中心に、同じアップフロント系列の事務所に所属する辻希美、藤本美貴が参加。

「うの会」:神田うのの女優派閥

神田うのが仕切り役で、夫がパチンコ関連企業経営という共通点を持つ伊東美咲、妊娠中からうのの助言を頼りにしていた倖田來未のほか、ほしのあきや梨花、千秋らが所属する。

「女優会」:派閥に参加しない女優たち

篠原涼子のほか、広末涼子や小雪、長谷川京子、井川遥、麻生久美子、瀬戸朝香、木村佳乃らが参加。

出典:daikaibou.com

昔は妊娠した女優やタレントの多くは、子育てなど休養期間が有りましたが…

 

しかし現在では、子供が産まれるとすぐにママタレとして芸能界に復帰する女優が多くなりました。

 

その背景には、ママタレはお金が稼げ大金を得れる機会が増えたことがあるよです。

 

そして2012年5月、モデルの神田うのらママ友の派閥をめぐり争奪戦が芸能界で起きていたといいます。

 

神田うのVS大沢あかねVS坂下千里子VS東原亜紀らママ友争奪戦!

出典:PR TIMES

「私たちも新しいママブランドに注目しています。

センスがよいと評判なのは、MEGUMIさんがプロデュースするCALMAです。

親子で着たいと思われるアイテムが多いんです。

神田うのさんのUNOUNOも右肩あがりですよ」(セレクトショップ店員)

 

2012年5月、芸能界では妊娠と出産ラッシュを迎えました。

当時半年で、梨花、松嶋尚美、藤本美貴、ほしのあきらが第一子を出産。

さらに、小倉優子、中西モナ、倖田來未、木下優樹菜、黒木メイサが妊娠中でした。

 

その新米ママたちが積極的に交流し、ブログで公開することも増えていたといいます。

 

「彼女たちのブログ内容は、ファンだけでなく、ファッション業界やCMの関係者たちも注目しているんです」(芸能リポーター)

 

ブログの記事がブランド市場に大きく影響していると説明します。

 

ブログで記事を書くことで、

CMや商品のオファーのきっかけになることもあるようです。

 

神田うのは以前から業界の人脈を生かして、自身のブランドを成長させてきました。

 

ここで神田うのがママ友派閥のボスに君臨し続ける理由が明らかに…

ブランドを成長させた驚愕の手法とは!?続きはコチラ↓↓

 

次ページへ続きます

関連記事