笠井信輔アナ、『とくダネ!』の視聴者からは「嫌い」「ウザい」との批判殺到!小倉智昭卒業で次期キャスターは伊藤利尋アナに奪われてしまう理由

笠井アナをメインキャスターにすると番組が崩壊する!?

 

その人物は、1999年から『とくダネ!』のアシスタントを務めている笠井信輔アナ。

笠井アナは、昔からMC小倉智昭のポジションへの野望が人一倍熱い人物です。

長期休暇や海外取材などで小倉がスタジオに不在の時は、やる気満々でMC席に座って、普段以上に声を張ってる事はスタッフ、視聴者の間では有名で、2016年に小倉が膀胱がんの手術のために番組を1週間休むと番組内で報告した際に、

『笠井くんの期待に応えられないのは残念ですが、ちゃんと戻ってきます』

とイヤミをかましたほどでした。

「小倉さんは自ら視聴者に病気を報告する前、一部スポーツ紙に『小倉がん』と報じられたことに驚き、誰が情報をマスコミにリークしたのかと犯人捜しをしていた。それで番組スタッフをも疑い、ひと悶着あったようなんです」(芸能関係者)

スタッフが情報をリークして、病気を機に小倉降ろしを図ったのではないか?

そんな疑心暗鬼があっての“笠井発言”だったのか。

笠井アナがメインキャスターに慣れない理由

なぜ笠井アナは99年から20年間もの間『とくダネ!』一筋だったのに、今回キャスター昇格に至らず7年も後輩の伊藤アナにメインキャスターの座を奪われてしまったのか。

ネットで笠井アナの名前を検索すると、関連ワードに『ウザい』『下手』という書き込みばかりが目につきます。

知恵袋を見ても

笠井アナはなぜあんなに空気が読めないんですか?漢字を間違うのですか?という書き込みは無数に散見される。

要するに、人気がなく、かなりの嫌われ者なのです。

次ページへ続きます

関連記事