浜田ブリトニーの現在はシングルマザー!?元ホームレスから社長まで上り詰めて妊娠までの軌跡がスゴい…

浜田ブリトニーの現在はシングルマザー!?元ホームレスから社長まで上り詰めて妊娠までの軌跡がスゴい…

 

ギャル漫画家で知られる浜田ブリトニーさん。

 

彼女の名前が広まったのは、

ギャル漫画家というパンチの効いたキャラクターでそのテレビで一躍人気者に!

 

一時期テレビでの露出が少ない内に、

波乱万丈の人生を歩んでいました。

 

しかし、その苦労を出さないのが彼女のスゴい所ですね!

 

今回は、ホームレス漫画家から始まった彼女の半生に迫っていきたいと思います。

 

浜田ブリトニープロフィール

職業:漫画家、タレント

本名:浜田菅子

生年月日:非公表だが2018年2月20日に38歳である事を明かしている。

出身:千葉県千葉市出身

所属:株式会社PIECE EIGHT(ピース・エイト 個人事務所)所属

生い立ち

浜田 菅子として、千葉県千葉市に生まれる。

名前は、菅原道真から取ったものである。

 

家族は父(九州出身)、母、既婚者で子持ちの兄。

 

高校卒業後、

トリマーを目指して専門学校に通っていたが、

実家から4時間以上かかるため、

帰るのが面倒になり次第に家に帰らなくなる(本人曰く「プチ家出」)。

 

専門学校を卒業後、

藤子不二雄Ⓐの半生を描いた漫画『まんが道』を読み感動、トリマーになる夢を諦め、2005年4月、日本マンガ塾昼間部プロ養成科に入学。

 

日本マンガ塾に入って半年後、

浜田が描いた作品が塾内での最優秀作品賞に選ばれ、

調子に乗った浜田は『ビッグコミックスピリッツ』編集部に電話、持ち込みをした。

持ち込みの際、浜田に会った編集者も、

浜田の身なりと言動から漫画を描いているとは信じられず面喰らう。

 

だが浜田の話を聞いているうちに

興味を持った編集者が「自分のことを描いてみたら」と薦め、ギャル漫画を描くこととなった。

 

元々は漫画家志望じゃなかった

高校を18歳の誕生日を迎えると同時に

退学届を出して、キャバクラで働き始める。

 

キャバクラで働くことは、

中2から決心していてその頃から接客業界の研究に没頭。

 

しかし、いきなり都心に出る勇気は無く、

地元千葉から総武線で錦糸町までの進出が精一杯だった。

「渋谷とは怖いから、錦糸町でナンバーワンになって池袋に移って、ショーメンバーやったり気合い入ってましたね!それを経て六本木へ」

都心へやっと進出するも、

高額の寮費の支払いやレギュラーで働くのが辛くなり寮を出る。

 

その後は男の部屋を渡り歩いたり、

ネットカフェを転々としお金が無くなると

キャバクラに体験入店して、またホームレス生活を繰り返す…

 

キャバクラで働いていた当時

ペットブームだったので、

ペットの専門学校に2年間通ってトリマーの資格を取ったんです。

 

で、店を出してくれそうなおじさんを見つけたんだけど…

卒業する時にはペットブームじゃなかったし、

儲からなさそうだったから辞めて、

次の年から漫画の学校に行き始めました。

 

連載を持つのは早かったが…続きはコチラ↓↓

 

次ページへ続きます

関連記事