【黒歴史】1人で自宅出産し、乳児院に子供を捨てた。私「まぁ…仕方ないよね」→数年後、勇気を出して乳児院に連絡したら予想外の返事が…

1人で自宅出産し、乳児院に子供を捨てた。私「まぁ…仕方ないよね」→数年後、勇気を出して乳児院に連絡したら予想外の返事が…

 

「子供を捨てた」

それが罪悪感のない私の素直な行動だった。

 

数年後のあの日。

突然降りかかった出来事に、私の取った行動とは…

 

突然の授かり「モノ」

 

子供を産んでそのまま乳児院に捨てた。

 

東京の大学に受かって田舎者丸出しだった私は、たくさんの人に声掛けられて来るもの拒まずでしていたら出来てしまっていた。

 

誰の子かわからないし、相手の顔も覚えてない。

 

まず、出来てしまったことにどうしようと思いながらも「育てる」という選択肢は毛頭なかった。

 

せっかくの大学生活を失いたくなかったし、

当然友達とも遊べないし・・・

 

 

私は親や周りの友達に相談しなかった。

 

つわりとかなく、

体系的にお腹も「ちょっと太ったね」程度だったから周りは誰も気がつかなかったことは私に取っても都合がよかった。

 

そのころは、

ちょうど自然分娩みたいなブームが来ていた時期。

 

そこで私は、

流産しなかったら1人でこっそり産もうと本を読み漁った。

 

同時に隣県の乳児院を調べた。

産まれたら直ぐに置きに行くつもりで。

 

その時の感情というと、特に罪悪感もなかった。

仕方なく取るべきことをするのみって感じ。

 

その後・・・

出典:pakutaso.com

私の取った奇行は・・・

 

次ページへ続きます

関連記事