【衝撃】5分、30分、60分、人が歩いた時に起こる“身体の変化”が凄すぎる…

5分、30分、60分、人が歩いた時に起こる“身体の変化”が凄すぎる…

ウォーキングがもたらす驚異的な身体の変化とは?

 

最近ずっと座りっぱなしという人はいませんか?

 

たまの休みに、

思いっきりスポーツをするという人もいるかもしれません。

 

しかし座りっぱなしも、

激しい運動も体に多くの負荷がかかり、あまり良くないとされています。

※スポーツ選手は、数年、体がボロボロになりやすい。

 

逆に、人間が自然に行っている歩くという行為は、非常に多くの健康効果が期待できます。

 

今日は、歩いた時に得られる健康効果を歩く長さに分けて5つご紹介します。

 

1分から5分

ドアを開けて最初の一歩を踏み出すその瞬間から歩くために身体を温めようとします。

 

歩き始めると、あなたの心拍数は、

毎分70から100上がり、

血液のめぐりが良くなることで身体がすっと動くようになるでしょう。

 

たった5分間ですが、

それだけでうつ病になるリスクを減らし

毎分3〜4キロカロリーを消費し始めます。

 

6分から10分…続きはコチラ↓↓

 

次ページへ続きます

関連記事