眞子さまの心情メモから”消された一文”こそが、小室圭との結婚破談・婚約破棄を示す証拠!「眞子さま、よくぞご決断されました!」

眞子さまの心情メモから”消された一文”こそが、小室圭との結婚破談・婚約破棄を示す証拠!「眞子さま、よくぞご決断されました!」

 

日本中に激震が走った、

眞子さまと小室圭さんの「結婚延期」のニュース。

 

その裏側には、まだ報じられていない不可解な事実があった。

 

浮かび上がる「2年半」の理由と、

その間に起きること、そして宮内庁の思惑とは? 緊急取材で深層に迫る。

 

突然の「記者レク」

 

2月6日火曜日の午後。

宮内記者クラブに詰めるマスコミ各社の記者に、

予定にないレク(説明)の申し入れが唐突になされた。開始時刻は16時30分。

 

訝る記者たちの前に現れたのは、

警察庁出身でかつては皇宮警察本部長を務め、

2016年秋に宮務主管に就いた加地隆治氏以下、5名の宮内庁職員だ。

 

加地氏が、おもむろにこう切り出した。

 

 

「眞子さまと、ご婚約者の小室圭さんとのご婚約・ご結婚行事を、2年半延期することといたしました。

発表は明朝5時の解禁ということで、よろしくお願いいたします」

 

室内にどよめきが広がってゆく。

あっけにとられる記者たちを、一息おき睥睨する加地氏。

 

数人の記者が「結婚延期」を本社へ急報するため、室外へ足早に出て行った。

 

レクは続く・・・

「昨年5月、眞子さまと小室さんのご結婚に関する報道がなされた後、様々な皇室行事を鑑みて、関係各所と協議いたしました。

その結果、宮内庁としては、今秋のご結婚はやや性急に事を運びすぎで、朝見の儀(注・天皇皇后に結婚を報告する儀式)までの時間が足りないことが分かりました。

そこで、一定時間の『日延べ』が必要である旨を、秋篠宮さまご夫妻と眞子さまにお伝えし、再来年までのおよそ2年半の延期をご了承いただきました」

 

記者からは間髪入れず、

延期の「本当の理由」について質問が飛んだ。

 

「儀式までの時間が足りない」というのは、あまりにも取ってつけたような理由だ。

 

その場の誰もが脳裏に浮かべた「あの報道」…続きはコチラ↓↓

 

次ページへ続きます

関連記事