【復讐】凄惨なイジメにブチ切れた私「お前が便器の水を飲め!」→トイレの窓からイジメ主犯の女を突き落とそうとすると…

凄惨なイジメにブチ切れた私「お前が便器の水を飲め!」→トイレの窓からイジメ主犯の女を突き落とそうとすると…

 

関東から関西に引っ越した時、

言葉が違うせいか「ぶりっ子(死語)」と言われ、すごいイジメを受けた。

 

一生懸命関西弁を使おうとしても、

「アクセントが変!」と更に嘲笑を受けるだけ。

 

教科書落書き、私物を捨てられる、

一言しゃべるたびに「言葉が変」と嘲笑されるので、言葉が出なくなってしまった。

 

喉に何か詰まったみたいになって、

授業中、朗読の番が回ってきても、声が出ない。

 

私は全てを否定された。

 

構内を歩いていたら、

上階からいきなり水をかけられたり・・・

 

ノートや教科書には「しね」のラクガキだらけ。

 

「もうダメだ、死ぬしかない」

と思いつめ、何度も自サツを図るが未遂。

 

逝くための手段…続きはコチラ↓↓

 

次ページへ続きます

関連記事