人間の身勝手により「飼われて捨てられたライオン」→彼が毛布を手放せない理由に世界中が涙がした…

人間の身勝手により「飼われて捨てられたライオン」→彼が毛布を手放せない理由に世界中が涙がした…

 

「見た目が迫力がある!」

「見世物にしてパーティに小道具に…」

 

そんな理由から、

犠牲となったライオンたちの話に世界中が涙した。

 

飼われて捨てられたライオン

 

人間は身勝手で、欲深い生き物です。

 

アメリカ・テキサス州にてとてて悲しい出来事が発生しました。

 

「ライオン・キング」を見た子供たちが、

「シンバ」が欲しいと言い出し、

子供たちの為に違法に子供のライオンを購入した男性が居ました。

 

 

このライオンは親から無理やり引き離され、男性の元へやってきました。

 

ライオンの名前は「ランバート」

 

しかし、素人がライオンを育てるのはとても困難です。

 

その為、

わずか生後3ヶ月という小さいライオンを育てる事が出来ず、施設に相談する事にしました。

 

そこで動物保護団体のスタッフのヴィッキーさんが、ランバートを引き受けることとなりました。

 

殺処分という最悪の事態は免れる事ができましたが、、

 

ここでさらなる悲劇が起きたのです!続きはコチラ↓↓

 

次ページへ続きます

関連記事