【涙腺崩壊】「これください!」薬局にひとりで やってきた8歳の女の子。薬剤師「ごめんね、 そんなものは売ってないの」買いに来たモノを 知り言葉が詰まり断るが・・・

「これください!」薬局にひとりで やってきた8歳の女の子。薬剤師「ごめんね、 そんなものは売ってないの」買いに来たモノを 知り言葉が詰まり断るが・・・

 

なんの迷いもなく『奇跡』を買いに行った少女。

 

彼女が握りしめた金額は、122円だった。

 

この僅かなお金で買えたモノ…

あなたなら何を思いつくだろうか?

 

 

あなたは奇跡のような体験をしたことがあるでしょうか?

 

今からお話するのは、

アメリカ人のテスという女の子の奇跡のようなお話。

 

テスは明るく元気な8歳になったばかりの女の子。

 

テスの家族はパパ、ママ、そして弟のアンドリューの4人。

 

 

ある日テスは、

両親がアンドリューのことについて話しているのを耳にしてしまいます。

 

その内容とは、

アンドリューが重い病気であり、

家にはまったくお金が残っていないという厳しい現実。

 

家族は今よりも家賃の安い、

小さなアパートに移りすまなければならないほど余裕がないと…

 

パパには弟のアンドリューの病気を治す為に、

必要な医療費を支払うお金がないということ。

 

そうは言っても、

アンドリューには手術が必要です。

 

「アンドリューが助かるには、奇跡が必要かもしれない」

 

パパがそんな言葉を

口にしているのを耳にして、

テスはあることを思いついたのです…

 

テスの驚くべき行動とは!?続きはコチラ↓↓

 

次ページへ続きます

関連記事