【波乱の人生】高校の頃家族が全員他界した…食べ物も買えなくなった僕はバイト先の廃棄を漁り空腹を満たす生活が始まった…

高校の頃家族が全員他界した…食べ物も買えなくなった僕はバイト先の廃棄を漁り空腹を満たす生活が始まった…

さらっと昔話すると、

僕の家族はみーんな

16~17のころに死んじゃった。

 

16の時に親父で、

17の時母・弟・妹ってな具合。

 

他の親戚はとうの昔に死んでた。

 

役所いっても

「プッ働けばw」

みたいな事言われたから、

高校辞めて働くことにした。

 

2年までは進級してたから、

一回辞めてお金貯めるか

奨学金通ったら夜間に通おうと思ってた。

 

唯一生きてる父方の祖母に

保証人になってもらったり

協力はしてくれたけど、

かなり高齢だし

自営で年金も大してなかったから、

金銭的な援助は無理だった。

家借りれる金が出来るまで、

知り合いのガレージを間借りしてたりもした。

 

そのころの生活は辛いのなんの。

 

狭い部屋で暖房もなくて、

家にいるときはずっと布団にくるまってた。

 

畳でよかった。

フローリングなら死んでた。

 

食べる物もろくに買えなくて、

安い小麦粉買ってきて

塩と水で練ったものを茹でたのが主食だった。

 

もったいないから

水で薄めた醤油に付けて食べて、

時々安売りの野菜と卵買ってきて、

お好み焼きみたいなの作るのが贅沢だった。

 

ソースは高いから醤油オンリーだけど。

次ページへ続きます

関連記事