【必見】心筋梗塞が起こる1ヶ月前の前兆サイン6選!早めに対処しないと助からなくなるから気をつけて!

心筋梗塞が起こる1ヶ月前の前兆サイン6選!早めに対処しないと助からなくなるから気をつけて!

三大生活習慣病のがん・脳卒中・心臓病。

心疾患の年間死亡数は20万人近くに上り、急性心筋梗塞患者の14%は病院に搬送される前に心停止しています。

しかし心筋梗塞には発症するまでに、様々なサインがあり早めに受診すれば助かる可能性は高くなります。

 

これからお知らせする6つの前兆のサイン。

もしこれらがあった場合はすぐに病院に行きましょう。

 

1.虚弱体質・身体のだるさ

 


身体のだるさを感じることが多い場合は、身体の隅々に十分な血流、つまり酸素が届いていないことが考えられます。

心臓を動かす冠動脈の動脈硬化により酸素が不足していることを意味します。

左手小指のしびれを感じる場合は要注意です。

次ページへ続きます

関連記事