【涙腺崩壊】俺『娘さんをください』彼女母「娘は障害者。貴方にはもっと素晴らしい女性がいます。何か変な使命感に駆られて娘を大事にしていかなければと思ってはいませんか?」

【涙腺崩壊】俺『娘さんをください』彼女母「娘は障害者。貴方にはもっと素晴らしい女性がいます。何か変な使命感に駆られて娘を大事にしていかなければと思ってはいませんか?」

 

俺さ、今日の夜にさ、

彼女の母親に「娘さん下さい」って言いに行くんだw

 

ようやく・・ようやくなんだ。

んで今さガチでさ緊張してるんよ。

 

だからさ、ちょっとこれまでの事を書いていきたいとおもうんだ。

 

俺は今年28になるおっさん。

 

大学卒業して就職した先をすぐに辞めて

プーになりしばらくしてようやく見つけた仕事先で安定してきたので、

春先に彼女にプロポーズをした。

 

 

彼女は21になる普通の女性(仮名:ユウ)

 

特段綺麗だとか、可愛いとか、

スタイルがいいだとか、性格がいいとかじゃないんだけど。

 

でも一つだけ、一般の人とは違う。

 

彼女は高度の難聴者。

人の声はほとんど聞こえません。

 

出会ったのは随分前の話。

だから話が曖昧になるかもしれないけれどそこは・・すまん。

 

俺は大学に入学してからは

福島から上京して一人暮らしするようになった。

 

仕送りも少しもらってたんだけど

なんだかんだで金はそれ以上に必要になる。

 

親の負担を少しでも軽くしようって孝行心もあった。

 

そこでバイト。

近くの個別指導塾の講師。

 

正直面倒だったんだけど、

金のためだと週3くらいのペースで入っていた。

 

塾講師やったことある人は結構いると思うんだが、

最初は研修みたいな形で先輩講師と一緒に授業をしてた。

 

そこは1対2の塾で小学生から中学生まで教えていた。

んでバイト初日。

 

欠席が出てマンツーマンの授業。マジで後悔した。

 

『普通』の生徒の授業をするもんだと思っていたからな。

 

教室長に「今日見る生徒・・難聴者の生徒さんでね。一応言葉は話せるけど声は聞こえないからなるべく筆談でお願い」って言われた。

 

なんだそれwって思いながらも生徒の下へ。

 

机の上にテキストと筆箱を出してボーっと前も見ながら座る女の子。

それがユウとの出会いでした。

 

次ページへ続きます

関連記事