【壮絶】1人で電車に乗ってる女児に話しかけたら、母親「誘拐犯です!捕まえて!」リーマン「待て!」私「えっ」→私は駅員に連行されてしまい・・・

 

1人で電車に乗ってる女児に話しかけたら、母親「誘拐犯です!捕まえて!」リーマン「待て!」私「えっ」→私は駅員に連行されてしまい・・・

登場人物紹介。

私子 20代前半、妊娠4ヶ月、見た目は普通だがすっぴん

花子(仮名、実際はキラキラネームだったw) 5~6歳くらい、活発で人懐っこい感じのいい子

キチママ 花子の母、20代後半くらい?厚化粧のため、判定不能。

 

かなり前のことなんだが、電車でキチママに遭遇。

 

誘拐犯扱いの上、なんか色々修羅場だった。

最寄り駅から次の駅まで、

15分くらいかかるんだが、

その間、事件は起こった。

 

平日昼間、季節は夏。

電車内はかなり空いていて、

1車両に10人乗ってるかなー、くらい。

 

私子は椅子に座っていた。

 

すると、隣の車両から5~6歳の女の子が一人で歩いてきた。

ドアの前のスペースで、

迷惑にはなっていないものの、

飛び跳ねたり歌ったり。

 

電車の揺れでよろけたのもあって、

とりあえず声をかけて隣に座らせる。

 

すぐに親が来ると思いきや、誰も来ない。

自分自身、悪阻もあり、

この子を揺れから庇いながら親を探すより、

向こうが探してくれる方が良いと判断。

 

女の子との会話開始。

プリキュアとかの話をされながら、

欲しい情報を引き出すことに。

 

まとめるとこんな感じ。

・名前は花子(仮名)、お母さんと二人でお出かけ。

・私が出発した駅のおばさん?のところにこれから遊びに行く。

・お母さんは今、この電車に乗っているかどうかすら分からない。

・お母さんやおばさん、お父さんなどの連絡先は知らず、キッズケータイなども持っていないので、連絡は取れない。

仕方がないので、

次の駅で降りて、駅員さんに引き渡すかなー、

とのんきに考えてた。

 

ちなみに、情報は全て、

たまたま持っていたゲームセンターで取った

マスコットキーホルダーのネコさんと

友達になろうってことで聞き出した。

 

ネコさんが気に入ったらしく、

その後もいろいろ話しかけてたのは、かなり和んだ。

次の駅が近づいてきたなーとおもってた頃、

花子ちゃんが入ってきた車両から、

ベビーカーにディズニーの

マスコットキーホルダーを

ジャラジャラつけたお母さんが。

 

それを見て、

花子ちゃんが「あ、お母さん!」と反応。

 

よかったよかった、と思っていたら、

これが始まりだった。

次ページへ続きます

関連記事