木村拓哉の豪邸が売却に!両親と絶縁、芸能界で居場所を失ったキムタクの現在が絶望的だった。

 

母親が、

スピリチュアルにハマったためという見方が根強かったのですが…

 

本当は工藤静香の存在が原因なのでは?と言われ始めているのです。

 

工藤静香の存在…キムタクの現在と彼女の関係とは!?

 

木村拓哉は工藤静香と結婚するまで、

実家の両親や兄弟と非常に円満な関係を保っていたと言われています。

 

一時、木村拓哉の父親は、

自分が社長になって木村拓哉の事務所を設立しようとしたこともあるのだとか。

 

 

ジャニーズと交渉して、

父親が社長の個人事務所から

写真集を出版したこともあるくらいだったのです。

 

かつて両親は、

「木村拓哉がキムタクと呼ばれることを嫌がっている」

という報道をされたことがありましたが、

実際は以前の木村拓哉はそういう素振りは見せなかったそうです。

 

その頃、両親は、

イタリアンレストランを経営していましたが、

その店の名前は木村拓哉が可愛がっていた犬の名前「ボニータ」に決定。

 

そこでは、息子・木村拓哉に関する、

雑貨を堂々と販売する程、

親子関係は上手く行っていたはずなのです。

 

「キムタクは静香と結婚する以前、“かおりん”という女性と付き合っていましたが、彼女もこのイタリアンレストランを手伝ったりしていて、本当に仲のいい家族という印象でした(女性週刊誌ジャニーズ担当記者)

 

ところが、

木村拓哉が工藤静香と付き合い始めて以降…

この関係が一気に変わったと言われています。

 

工藤静香の実家へ住みつき始める…続きはコチラ↓↓

 

次ページへ続きます

関連記事