【裏話】火垂るの墓が二度と放送されない4つの理由。節子の声を聞いた時…この真相に気付いただろうか?

【裏話】火垂るの墓が二度と放送されない4つの理由。節子の声を聞いた時…この真相に気付いただろうか?

 

『火垂るの墓』

このタイトルを聞くと、

ほとんどの人が切ない感情を抱くだろう。

 

後存知だとは思うが、

この話は14歳の兄と4歳の妹が、

戦争の中で必死に生き抜こうとする話である。

 

毎年、

8月15日の終戦記念日が近づくと必ず地上波で放送していた。

 

だが、ここ何年か放送されていないらしい…何故なのだろうか。

 

火垂るの墓は「もう二度と放送されない」

という都市伝説まで流れているが、果たして都市伝説の真実はいかに!?

 

まずは火垂るの墓の簡単な概要から!

 

概要

作品名:火垂るの墓

公開:1988年

同時上映:となりのトトロ

監督:高畑勲

キャッチコピー:「4歳と14歳で、生きようと思った」

 

火垂るの墓 あらすじ

舞台は戦後間もない日本。

 

戦争で親を亡くした兄妹、清太と節子は

叔母の家に預けられるのだが、当時は物資な無い時代…

 

清太と節子は煙たがられ、

結局は二人で使われてない防空壕に住み着くこととなる。

 

しかし、お金は底をつき、

二人ともは栄養出張で亡くなるという悲しい結末の作品だ。

 

「火垂るの墓」の真実…続きはコチラ↓↓

 

次ページへ続きます

関連記事