女教師に言われた衝撃的『おかず』エピソードが話題に!男子生徒の興奮が冷めない思い出とは…

女教師に言われた衝撃的『おかず』エピソードが話題に!男子生徒の興奮が冷めない思い出とは…

 

思春期の思い出・・・

嬉しい思い出から悲しい思い出まで様々。

 

その中でも

男子生徒たちがおかずになるエピソードが、

今話題になっているようです。

 

「教師がこんなこと言っていいの!?」

と思わず突っ込みたくなるエピソードとは…?

 

では早速ご紹介しましょう!

 

フランス人教授「いいよね、日本。食べ物おいしいし冬そんなに寒くないし。女の子かわいいし、女の子かわいいし、女性かわいいし、男の子も男性もかわいいというか好みすぎてすごくすき。

この教室にも先生の好みの男の子がいます」

 

・高校の先生にうつ病で療養中だと近況報告をしたら

「えっ!あなたそんなタイプじゃなかったじゃない!」

 

やっぱりね、と言われるのも悲しいが、

これはこれでどうかと思う。

 

・中学校の時の担任の先生。

「もし将来つらくなって誰にも相談出来なくて、もうだめだってなったらオカマバーに行きなさい。

あそこは男と女の両方の立場から話聞いてくれるし、あんたらよりもでっかい困難乗り越えてきてるから。

先生達もよく行くよ」

勧めちゃ駄目w

 

先生「好きなことは、仕事にしない方がいいよ」

…先生、あんたの言ってたことはある意味当たってたよ…

 

・弟の男子校の説明会にて。

 

『うち入学すると、まず道行く女の子が皆、可愛く見えるようになります。

次に今まで好みでは無かった女の子が可愛く思えてきます。

そして、最終的には食堂のおばちゃんが可愛く思えてきます。』

 

気になる続きはコチラ↓↓

 

次ページへ続きます

関連記事