【閲覧注意】闇サイトで売られている普通では考えられない商品9選

闇サイトで売られている普通では考えられない商品9選

Hacker attacking internet

Amazonでの買い物も飽きてきたなー。

よし、これからはダーク・ウェブで買うか!

 

そんな事を考える人はほとんどいないでしょうし、絶対やめておいた方がいいです。

 

何故なら、ダーク・ウェブには危険な要素が満載だから。

とは言っても、危険だからこそ気になるという方もいるかもしれません。

この記事は、正にその好奇心を満たすためにあります。

ダーク・ウェブとは何ぞや

インターネットは大きく3つの領域に分類されている

グーグルなどを利用して普通に検索できる領域(サーフィス・ウェブ)。

通常の検索エンジンでは検索不可能な領域(ディープ・ウェブ)。

ディープ・ウェブの一部で、犯罪の絡んだコンテンツが多い超危険領域(ダーク・ウェブ)。

 

ディープ・ウェブは、オンライン・バンキングビデオ・オン・デマンド(Netflixなど)のサービスには必須の領域です。

パスワードを入力しないと見られないはずのページが、グーグルの検索結果に出てきてはシャレになりません。

 

かなり古いデータですが、2001年の時点でディープ・ウェブの大きさはサーフィス・ウェブの約500倍とされています。

つまり、ネット上に流れる情報の大半はディープ・ウェブ上に存在し、ウェブ・ページ数としては40億を超えるとか。

 

そのディープ・ウェブの中にあるダーク・ウェブは「Tor(The Onion Router)」などの特殊なブラウザを使わないとアクセス出来ません。

Torは、ネット上のデータ通信を、玉ねぎの皮のように何重にも暗号化するので、高い匿名性を維持できます。

これは、元々アメリカ政府の研究機関によって開発されたソフトで、国の機密情報を第三者に盗み見られないようにする目的がありました。

このようなソフトが一般人の手に渡ると、犯罪に利用する輩が必ず出てくるものですが、アメリカ政府はそれを承知でTorを誰もが使えるように公開したのです。

そこには意外な理由があります。

Torを使っていれば、使用者の身元が特定される可能性はほぼ無くなりますが、Torを使っているという事実は相手に知られます。

ということは、政府の人間だけがTorを使っていると、このソフトからのアクセスが全て国家機関からのアクセスだとバレバレになるのです。

よって、真の匿名性を実現するためには、誰もがTorを使える状態にせねばなりませんでした。

Torを使えば、ダーク・ウェブ上の隠れたサイト(アドレスの最後が「.onion」になっている)にもアクセスできます。

こう書くと、Torは危険なサイトを巡回するためのソフトであるかのような印象を与えかねませんが、実際は、匿名性を保ってネットを閲覧するだけの目的で使う人も多いのです。

あるリサーチによると、Torの使用者全体で、ダーク・ウェブの怪しいサイトを見ているのは3~6%に過ぎないとされています。

 

今回はダークウェブで売られている、一般的には到底手に入らない物を紹介していきます!

次ページへ続きます

関連記事