【恐怖】解体屋で働いてた時。オーナー「これとあれで2こ1にしといて」俺「はい」→ 最終仕上げで板金屋に持ち込んだ → 板金屋「これはマズイだろ…」 俺「見なかったことにしましょう…」

解体屋で働いてた時。オーナー「これとあれで2こ1にしといて」俺「はい」→ 最終仕上げで板金屋に持ち込んだ → 板金屋「これはマズイだろ…」 俺「見なかったことにしましょう…」

20年程前・・・

 

関西のある都市の解体屋でバイトをしていた時。

 

今は考えられないけど、、

当時はバブルの終焉期で

「シーマ現象」なんつって

20代そこそこの就職したての若僧でも

5~600万円する高級車を

ローンでポコポコ買って乗り回すのが流行ってた。

 

出典:Twitter

で、バイトしてた解体屋に、

高速で事故って車体が『くの字』に折れ曲がった高級車が入ってきたのよ。

 

そこでオーナー(某国人)からの指示で、

ストックしてた同車種の解体車と俗にいう「2こ1」をするよう言われた。

(解体車2台を前と後ろでくっつけて、1台作っちゃう・当時は適法だった)

 

それで、

同僚だった某国人と一緒に作業をはじめたのだが…

 

これが思わぬ事件に発展することとなる…

 

気になる続きは次のページへ↓↓

 

次ページへ続きます

関連記事