【歪んだ性癖…】GACKTの下半身事情がヤバすぎる!強制的に整形、複数プレイ…自サツ未遂に陥った女性の真相とは…

GACKTの下半身事情がヤバすぎる!強制的に整形、複数プレイ…自サツ未遂に陥った女性の真相とは…

 

GACKTに一大スキャンダル発覚した。

 

性癖に整形強制、さらには女性が自サツ未遂など…

 

 

ブラックな噂が跡を尽きないGACKTだが、

今回こそは言い逃れできないだろう。

 

今回は、ブラックなGACKTの実態を証言者の声や証拠画像を合わせてご紹介しよう!

 

Gacktのプロフィール

本名:大城学

別名:神威 楽斗

年齢:1973年7月4日(44歳)

血液型:A型

身長:180cm

出身:沖縄県

職業:シンガーソングライター、俳優、タレント

 

Gacktには姉と弟がいる。

 

昔からピアノと声楽を学んでいたが、

それだけでなくテコンドーの黒帯を有している。

 

GACKTは中性的なルックス、

甘い声も人気の理由だろうが、

空手の黒帯で腕っぷしに自信があることを公言している。

 

1995年からMALICE MIZER(マリスミゼル)の2代目ボーカルとして活動。

 

1998年にバンドを脱退し、

1999年からソロ活動を開始する。

 

ソロの曲の「Mizerable」や「Vanilla」は有名な曲である。

 

この頃から歌番組を含めて、

テレビに露出が増えて人気が出始めた。

 

 

歌やルックスも人気だが、

しゃべる声のトーンやスピードなども人気が出た要因である。

 

Gacktは女性ファンだけではなく、

男から見ても美しいと男性のファンも多い。

 

海外の喧嘩祭りで、

モメた相手を締め落としたエピソードを

メディアに披露するなど…

危険な雰囲気も人気の要素となっていると思われる。

 

問題のGACKTの性癖とは…?続きはコチラ↓↓

 

次ページへ続きます

関連記事