【これは復帰できない…】アイドル滅多刺し事件の被害者・冨田真由の現在は?刺された顔や口、目の容態…後遺症に苦しむ日々…

2016年5月21日 冨田真由刺傷事件

冨田真由は、2016年5月21日、

東京都小金井市でファンである

岩崎友宏容疑者に刺され、意識不明の重体になった。

 

しかも、

20カ所超刺され重体だったことが

世の中に大きな衝撃を与えた。

 

冨田真由を知らなかった人も

この事件をきっかけに知った人も多くいるだろう。

 

その後、

しばらく意識不明の状態が続き安否が心配されたが…

 

 

6月7日までに意識が戻ったこと、

内臓や脳機能に異常がないことが伝えられている。

 

事件から約2週間後、

奇跡手に意識を回復した。

 

冨田は8日も入院していて、

面会謝絶の状態が続いていたが、

入院先の医師が「脳機能に異常は認められない」と診断していることがわかった。

引用:意識回復の冨田真由さん、脳機能に異常なし

事件当時、

冨田の受けた傷は心身ともに深く、

これからの回復や活動にも影響がでるのではないかと案ずる声も多かった。

 

続いては、現在の後遺症について…

 

次ページへ続きます

関連記事