【衝撃】「神様は許さなかった…」富岡八幡宮事件で死亡の富岡長子さんは、みんなのお賽銭を…犯人の弟は、ただのDQNで…

「神様は許さなかった…」富岡八幡宮事件で死亡の富岡長子さんは、みんなのお賽銭を…犯人の弟は、ただのDQNで…

東京都江東区の富岡八幡宮で惨劇が起きたのが、12月7日の夜8時半頃だった。

帰宅した宮司の富岡長子さん(享年58)に、弟で元宮司の富岡茂永容疑者(享年56)と、妻の真里子容疑者(享年49)が日本刀で襲いかかった。

茂永容疑者は長子さんを殺害、運転手も真里子容疑者に斬りつけられた。

 

そして、茂永容疑者は真里子容疑者を殺し、自らも自殺。

 

その後、9日に茂永容疑者が長子さんへの恨みを綴った手紙が関係先に届いた。

父である興永さんの後を継いで茂永容疑者は1995年に神社の代表者にあたる「宮司」に就任した。

しかし、金遣いや女性関係が派手だったこともあってか、怪文書をばらまかれ2001年に退任した。

そして、茂永容疑者の後任となった長子さんへ

今年中に決着をつける、覚悟しておけ。

積年の恨み、地獄へ送る。

とのはがきを送り、2006年には脅迫罪で逮捕されている。

 

激しい憎悪で結ばれた一族は数奇な運命を歩んでいた…

次ページへ続きます

関連記事