【殺人率世界一の国で】彼はスラム街の子ども達を助けようとしたが、それが地獄の始まりだった。彼の行動に心揺さぶられずにはいられない。

彼はスラム街の子ども達を助けようとしたが、それが地獄の始まりだった。彼の行動に心揺さぶられずにはいられない。

世界一治安が悪いと言われている中米の国、ホンジュラス。

 

殺人発生件数は日本の400倍と推定され、

その治安の悪さの裏には、

北米にコカインを密輸しようと企てる

麻薬組織や軍事クーデター

存在があると言われています。

 

そのスラム街で暮らす子供達の生活は、

想像するだけで恐ろしいものです。

 

時には、家族から捨てられ、

貧しさから犯罪に手を染めざるを得なくなることも。

 

そんなホンジュラスのスラムに

生まれ育った子供たちに、

救いの手を差し伸べ続ける

日本人の若者がいることをご存知でしょうか。

次ページへ続きます

関連記事