【悲報】ナマポ受給者、受給額引き下げにブチ切れて、驚きの行動に出る!

ナマポ受給者、受給額引き下げにブチ切れて、驚きの行動に出る!

生活保護費の引き下げ検討に怒りの声相次ぐ 保育料や奨学金の給付基準にも影響、「生活保護受給者だけの話ではない」

この「生活扶助」を最大1割程度引き下げる可能性があるという。

報道によると、例えば、中学生と小学生の子ども2人を持つ40代夫婦は支給額が月約21万9000円から、約19万4000円に減る。

65歳の高齢単身者も月約8万円から約7万3000円に減る。

 

支給水準は5年に1度見直しており、前回2013年度にも一度引き下げられている。

 

これに対し、貧困対策に関わる人々や研究者からも批判の声があがっている。

次ページへ続きます

関連記事