【一家崩壊】親戚と名乗る男が中国から突然現れた。 血の繋がりはないが、 ″ある身内″の遺骨を日本へ埋葬したいと言う。 謎の男「あなたの家の墓に入れてあげたい!」 俺(なんか怪しい…) → やはり予想が的中した!!

うちは田舎のある村で、

ほんの数年前まで商店をやっていた。

 

何代か続いたお店だったが、

スーパーの影響で閉店に追い込まれ、

父が最後の店主だった。

 

父の先代はAさんという。

Aさんは若くして店を継ぎ、

嫁さんをもらった。

 

その嫁さんが俺の祖母だ。

 

でもAさんは祖父ではない。

Aさんは祖母と結婚後、

まもなくして亡くなってしまった。

 

祖母は店の跡取りを作るため、

婿を取ったのである。

この婿どのが俺の祖父だ。

 

つまり、うちはAさんの姓こそ名乗っているものの、

Aさんの血を引く人間は誰もいないのである。

次ページへ続きます

関連記事