エアコンの室外機に水を掛けると効果倍増になる事が判明!ある裏ワザを試した結果・・・

 

エアコンの節電や効率的な使い方をまとめてみた!

1.室外機周辺に物を置かないように!

室外機は、周りの外気を吸い込んで、吸い出すことで熱交換をしています。

 

電気料金を節約するには、室外機周辺の温度が重要です。

周辺温度が高すぎても低すぎても熱交換比率が下がるため、夏にエアコンを使う場合には、室外機周辺の温度を下げる工夫が電気料金節約への近道です。

工夫例としては、室外機周辺に「打ち水」をしたり、室外機をすだれで隠すなどが比較的簡単にできる方法ですね。

2.部屋の換気を十分にする。

室内が外の温度よりも暑いと感じたら、必ず換気しましょう。

部屋の中の熱気を逃してから、エアコン運転を開始することで節電できます。

3.エアコン本体を清潔に!

フィルターの掃除はこまめに実施しましょう。

最低でも2週間に1回のお手入れを心がけましょう。

フィルターの目詰まりは冷房効果が弱まり、電気料金にすると最大25%の無駄遣いになります。

次ページへ続きます

関連記事