【勃発】大学時代のボロアパートは声や物音が駄々漏れ…若さも手伝って俺と彼女は、そりゃあサルのように毎日ヤリまくりwww →毎度それを聞かされていた隣室の先輩がとうとう…

大学時代のボロアパートは声や物音が駄々漏れ…若さも手伝って俺と彼女は、そりゃあサルのように毎日ヤリまくりwww →毎度それを聞かされていた隣室の先輩がとうとう…

 

大学に入って数ヶ月・・・

 

友達以上恋人未満だった女性と

久しぶりに飲みに行くことに。

(未成年であったことは許しておくれ)

 

ここらでバシッと告白をして正式に付き合いを…

 

と思っていたからだろうか、

彼女はずいぶん色っぽく見えた。

 

飲みながら話は徐々に恋愛話に。

 

彼女の口からは、

「もう私、処女じゃないよ」という台詞。

 

 

付き合っていたわけではないけれど、

かなりショックを受ける自分。

 

「俺君はまだ(童テー)なの?」

と畳み掛けられ、事実なだけにいろいろと再起不能。

 

その場は何とか取り繕うことができたものの、

部屋に帰るとさらにショックはひとしお。

 

真っ暗にして、

部屋の隅でひざを抱えてぽつねんとしていた。

 

何か新しいことでも始めよう、

と某音楽系サークルに入ることに。

 

後に童テーの俺には、

刺激的過ぎる日々が待っていた。

 

次ページへ続きます

関連記事