『子ども4人コンクリで埋めた』子供を4人バケツにコンクリ詰めし、自宅の押入れに…53歳女を逮捕。「父親はすべて同じ」

『子どもを産みバケツに捨てた』子供を4人バケツにコンクリ詰めし、自宅の押入れに…53歳女を逮捕。「父親はすべて同じ」

大阪府寝屋川市の集合住宅で20日、遺体が入ったコンクリート詰めのバケツが見つかった事件で、大阪府警寝屋川署捜査本部は21日未明、死体遺棄容疑で同市高柳のアルバイト、斉藤真由美容疑者(53)を逮捕した。

「産んだ子供を育てることができないので、バケツに入れてセメントを流し込んだ」と容疑を認めているという。

 

捜査本部は斉藤容疑者宅から、コンクリート詰めのバケツ計4個を押収。

捜査関係者によると、斉藤容疑者はいずれのバケツにも自身が平成4~9年に産んだ子供が入っていると供述。

4人の父親は同じ人物といい、「すべて当時の交際相手」と説明している。

斉藤容疑者は現在、アルバイトをしながら生活保護を受給。

10代後半の息子と同居しているほか、もう1人の子供がいるが、この2人も父親は同じという。

 

逮捕容疑は4~9年ごろに死亡した乳児をバケツに入れ、コンクリート詰めにした状態で同市内にある当時の自宅に放置。

平成27年夏ごろに転居した現在の自宅に運んで遺棄したとしている。

捜査本部によると、バケツは自宅の押し入れに保管。

ふたの上からテープが巻かれ、段ボールの中に入った状態だったという。

 

府警が画像解析したところ、いずれも中に人骨があるのが確認された。

斉藤容疑者は20日朝、自宅近くの交番に「乳児4人を遺棄した」と届け出た。

次ページへ続きます

関連記事