【悲報】中田翔さん阪神の内定が取れずに、大幅減俸を受け入れるしか選択が無くなる…日ハムではお荷物扱いに…

日本ハム中田翔内野手(28)が今季取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使せず、残留する意思を固めたことが13日、分かった。

シーズン終了後から球団側と話し合いを重ね、結論を出した。

14日に札幌市内の球団事務所で会見を開き、正式に表明する。

阪神タイガースへの就職活動は失敗した模様

金本監督と3分間の談笑

 

OB会長にも挨拶

 

成績不振で移籍先が決まらず、

今季は不振にあえいだプロ通算177本塁打の大砲は来季、高校通算111本塁打のドラフト1位、早実・清宮幸太郎内野手(18)と共闘しながら巻き返しを期す。

FA申請期限前日の13日、札幌市内の選手寮を訪れた中田はスッキリとした表情で語り出した。

「もう気持ちは決まってます」

明言は避けたが、この日までに国内FA権は行使せずに残留を決断した。

10月9日にシーズンが終了後、悩み続けてきたと本人が語る。

 

次ページへ続きます

関連記事