【恐怖の瞬間】死刑囚が残した最期の言葉10選!→死刑を希望する男の最後の言葉とは…

死刑囚が残した最期の言葉10選

死刑を希望する男の最後の言葉とは…

 

死刑囚が最期に言い残す言葉は、

狂気に満ちたものから

憎しみに満ちたものまで様々だ。

 

しかし中には、

なぜそんなことを言うのだろうと疑問に感じるものも存在している。

 

今回は、そんな死刑囚が残した最期の言葉を見ていこう!

 

 

ゲイリー・ギルモア

 

ゲイリー・ギルモアは、

1976年の冬に、2人を殺害し、

自ら死刑を要求した人物だ。

 

その頃のアメリカは、

死刑制度、廃止の潮流にあったのだが、

その流れを変え、望み通り死刑となった…

 

その時死刑囚が発した言葉は、

現代でも身近なあの有名ブランドのスローガンへと繋がったのだ!

 

次ページへ続きます

関連記事