【本人は気づいてない?】影で「払う価値がない…使いたくない」と言われてる芸能人を関係者が暴露!過去の栄光で裸の王様が増殖中!

芸能人のギャラ。

ときには特別価格で引き受けることもあるというが、

それぞれにベースとなる相場がある。

 

しかし、話題性や視聴率、

実力や人気などに比較して

ギャラが高すぎるといわれる芸能人もいるという。

関係者から不満の声を聞いた。

「俳優さんの場合、実力や人気以上のギャラが相場となっていて、陰で『ギャラが高い』といわれるケースが多いです。

そのひとりが織田裕二さんですね。

現在もドラマ1本あたりの相場は300万円から400万円です。

この金額は役所広司さんや佐藤浩市さんと同じランク。

ただ今が旬の綾野剛さんなどでも相場は1本150から200万円なのに、『踊る大捜査線』(フジテレビ系)以降はヒット作品が皆無の織田さんには、視聴率が取れない割に高いとの陰口も多いです」(テレビ局ドラマ部門関係者)

たしかに最近の出演作のヒット度合いを見れば、高額といえるギャラだろう。

業界内での不満がくすぶっているようだが、

後ろ盾がいなくなったことも大きいようだ。

次ページへ続きます

関連記事