【過去にもあった…】「会社が乗っ取られる」そう言い残して社長は行方不明に…→トイレの排水溝から従業員の肉片300個が見つかり…

「会社が乗っ取られる」そう言い残して社長は行方不明に…→トイレの排水溝から従業員の肉片300個が見つかった、建設会社の怪とは!?

 

神奈川県座間市で起こった残虐な事件…

 

神奈川県座間市内のアパートで9人の遺体が見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された無職、白石隆浩容疑者(27)。

 

メディアでも多く報道され、この事件を知らない人はいないだろう。

 

しかし今年5月、神奈川県で凄惨な事件が他にも発生していたのだ。

 

神奈川県警暴力団対策課が同月1日から2日にかけて、死体損壊と死体遺棄容疑で指定暴力団六代目山口組関係者で住所不定、無職の松尾亮介被告(41)ら3人=別の詐欺罪で服役中=を逮捕したのだ。

 

県警は松尾被告らの供述をもとに同県秦野市千村の「正昇建設」従業員寮の敷地内から、従業員だった岩本一正さん=当時(47)=のものとみられる肉骨片300個以上を発見した。

 

松尾被告らは8月、横浜地裁で死体遺棄、死体損壊、暴行の罪で懲役3年を求刑された。

 

だが、岩本さんが遺体で見つかった正昇建設では、この会社の上野正志社長(58)が「会社を乗っ取られる」と言い残して失踪し、未だに見つかっていないのだ。

 

「社長は入院しました」以後、誰も見ていない社長

画像;上野正志社長(58)

 

「一見、強面だけど、話すととても気さくでいい人」。

 

上野社長が経営する関連会社の同県中井町の従業員寮の地権者は言う。

 

「一昨年3月、会社に電話をかけたら『社長は入院しまして』と言われて、それ以来見ていないんです」

 

周辺の関係者や登記簿によると、上野さんは平成23年に同町に株式会社三葉を、同24年に秦野市千村に正昇建設を創業させた。

 

いずれも建設作業員を派遣する土木建設会社で、零細企業とはいえ、それぞれ従業員を10人前後抱え、業績も好調だったのだが…

 

ところが、運転手として雇った従業員がやくざ者を会社に入れるようになり、それから様子が一変した。

 

次ページへ続きます

関連記事