【驚愕事件】神奈川県座間市アパートでクーラーボックスに切断された頭部が2つ発見される。容疑者は「自宅で遺体を解体し、ネコのトイレ用の砂をかけた」

神奈川県座間市アパートでクーラーボックスに切断された頭部が2つ発見される。容疑者は「自宅で遺体を解体し、ネコのトイレ用の砂をかけた」

とても気味の悪い事件が起きました。

東京・八王子市で、23歳の女性が行方不明になり、自殺サイトでつながりがあった20代の男の自宅から複数の遺体が見つかった。

切断された頭部がクーラーボックスの中に入っていて、警視庁は、男を死体遺棄の疑いで逮捕する方針。

複数の遺体が見つかったのは、神奈川・座間市に住む20代の男のアパートの部屋。

 

警視庁によると、今月21日から東京・八王子市に住む23歳の女性が行方不明になっていて、遺体が見つかった部屋の男と、インターネット上の自殺サイトで連絡をとっていた。

また、今月23日に、2人がJR八王子駅から電車に乗り、座間市内の駅の改札を出るのが防犯カメラに映っていた。

遺体は30日夕方、捜査員が見つけたもので、部屋の玄関付近にあったクーラーボックスの中に、切断された頭部が2つ入っていたという。

 

腐敗が進んでいて、性別や年齢などは分かっていないという。

今現在で判明している犯人の正体、動機等に迫って行きます!

 

次ページへ続きます

関連記事