日本で起きた未解決・怪事件13選!妊婦を滅多刺しにした男…その後の″異常な行動″というのが…

日本で起きた未解決・怪事件13選!妊婦を滅多刺しにした男…その後の″異常な行動″というのが…

 

日本の警察は優秀であり、

治安も非常にいい私たちの住むこの日本だが、

未だに解決されない怪事件がいくつか存在する。

 

今回は、そんな日本で起きた、

未解決・怪事件を13件紹介していこう。

 

グリコ・森永事件

1984年3月、江崎グリコ社長が誘拐され、

身代金を要求される事件が起こった。

 

その後、

犯人は江崎グリコに対して、

放火や脅迫を行い、

森永製薬や不二家などの食品メーカーを

次々と標的にしていった。

 

森永製菓や不二家などの

食品メーカーを次々と標的にしていった。

 

現金の引き渡し場所は頻繁に変更されたが、

犯人は一度も姿を現さなかった。

 

出典:U-NEXT

犯人と思われる″キツネ目の男″が

何度も目撃されているものの、

結局捕まることはなく、正体はわからないまま。

 

2000年に東京・愛知の

青酸入り菓子ばら撒き事件が時効を迎え、

全ての事件で公訴時効が成立し、

未解決事件となっている。

 

脅迫された企業の株価が乱高下したことで

犯人は利益を得ていた、

あるいは株価を操作することが

目的だったとも言われている。

 

次ページへ続きます

関連記事